トップへ戻る

ボタニカルモイストシリーズお試しセットで植物幹細胞体験

botanicalmoistseries

 

ボタニカルモイストシリーズのお試しセットを試してみました。
VINTORTE(ヴァントルテ)という京都ブランドの植物の力に着目したナチュラルコスメ。
美容皮膚科医監修で9つの無添加処方のドクターズコスメでもあるんです。

 

とってもシンプルなパッケージやデザインだと思いませんか?
だけど、かえってそれが洗練された感じでイイ。
パッケージにコストを抑えた分、高品質な商品をお届けすることができるそうです。

 

最近、睡眠不足や季節の変わり目で肌がゆらぎやすく敏感肌になってしまいました。肌に優しいスキンケアをしたいと思いトライアルセットを試してみました。
あとは、なんといっても注目の美容成分である植物幹細胞に惹かれたのも大きいです!

 

ボタニカルモイストシリーズの特徴

嬉しい9つの無添加

[不使用成分]
石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、タルク、シリコン、鉱物油、パラベン、エタノール、合成香料、合成着色料

 

出来るだけお肌に負担をかけたくないので無添加処方なのは嬉しいですね。

 

ナチュラルトリニティのアプローチ

「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「4つのヒト型セラミド」がお肌の水分量を補う事で、バリア機能の働きや肌内部の水分不足をサポートします。

 

最近は、大人敏感肌の方が増加傾向だとか。外部刺激や乾燥・加齢により、お肌のバリア機能が低下すると、肌が刺激を受けやすい状態となり、ゆらぎ肌や敏感肌になりやすくなってしまうんです。

 

ボタニカルウォーターとは?

ビタミン類、ミネラル類を最も理想的な状態で抽出したサトウカエデ樹液、チシマザサ水を使用しています。
糖質、アミノ酸、ビタミン類を含み、心地よい滑らかさで肌にうるおいを与え、みずみずしい肌に整えます。

 

植物幹細胞とは?

先端の再生医療から最新美容まで着目されている幹細胞
私たちの体は多くの細胞によって作られていますが、決まった役割を持たず、いろいろな細胞になれる細胞が幹細胞です。
皆さんご存知のiPS細胞は、幹細胞の一種です。

 

幹細胞には2つの大きな特徴があります。

 

  • 「他の細胞に変化できること」
  • 「分裂し自分自身と同じ幹細胞を作れること」

 

なので、真皮幹細胞が、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作る工場の線維芽細胞にも変化することが出来るというわけなんです。
幹細胞は重要なカギを握っているんです。

 

加齢によって、幹細胞の働きも弱り減少してしまいます。そこで、植物性幹細胞を使って、肌細胞レベルで根本から肌本来の機能を改善・再生しようというアプローチをします。

 

「ロドデンドロンフェルギネウム 葉培養細胞エキス」「アルガニア スピノサ芽細胞エキス」「リンゴ培養 果実細胞エキス」の3つの植物幹細胞エキスが高濃度で配合されています。

 

  • 「ロドデンドロンフェルギネウム 葉培養細胞エキス」は、スイスアルプスの高山植物「アルペンローゼ」幹細胞を培養して得られたエキスです。

    標高2000m帯の、寒さ・乾燥・強い日差しにさらされている厳しい環境でも生育し、強い環境耐性を持っています。
    表皮幹細胞を活性化させ、紫外線や乾燥などの外部ストレスから細胞を守る働きをします。

 

  • 「アルガニア スピノサ芽細胞エキス」は、長期間降雨量の少ないアフリカ・モロッコで、奇跡の木と呼ばれるほど生命力の強い、アルガンオイルの木である「アルガンツリー」の新芽の幹細胞です。

     

    アルガンオイルは、抗酸化作用のあるビタミンEの1つであるγトコフェロールが含まれており、シワやたるみといった方向からアプローチをします。
    アルガンツリーの幹細胞は、肌の最深部、真皮幹細胞に働きかけ細胞を活性化させます。

 

  • 「リンゴ培養 果実細胞エキス」は、アップル幹細胞エキスとも呼ばれています。約4ヶ月もの間、腐らないスイス産のリンゴの一種「ウトビラー・スパトラウバー」という品種の幹細胞を人工的に培養し、エキスを抽出しナノ化した原料です。抗酸化作用が強い事で注目されています。

     

    皮膚幹細胞を丈夫に保ち、細胞の老化を遅らせる働きがあるので、肌を若々しく保つ効果があります。
    表皮幹細胞に働きかけシミにアプローチをすることが期待されています。

 

ヒト型セラミド4種配合

セラミドというのは、表皮の1番上の層である表皮の角質層にあり、細胞間のすき間を埋めている細胞間脂質の1つです。
セラミドは細胞間脂質の50%を占める主成分で、肌に潤いやハリ、弾力などをもたらすといわれています。

 

細胞間脂質は、「水分を蓄えて肌を保湿すること」、「細胞間をすき間なく埋めることで、紫外線や細菌など外部からの刺激から肌を守るバリア機能」としての働きをしています。
加齢とともにセラミドが不足すると、隙間からうるおいが逃げて乾燥肌になったり、ゆらぎやすいお肌になってしまいます。

 

天然、植物性、合成、ヒト型セラミドと種類がありますが、「ヒト型セラミド」というのが重要なんです。

 

主に酵母などから合成して作られた「ヒト型セラミド」ですが、ヒトのお肌のセラミドと同じ形に作られているため、肌にセラミドを補うのに最も適したエイジングケアに効果的だといわれています。

 

ヒト型セラミドは現在11種類あるといわれていて7種類が現在解明されています。
ボタニカルモイストシリーズでは、ヒト型である「セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP」4種を豊富に配合。

 

  • セラミドEOP(旧セラミド1)は、水分保持機能、外部の刺激からのバリア機能
  • セラミドNG(旧セラミド2)は、水分を蓄える力が強い、水分のバランスを保つ
  • セラミドNP(旧セラミド3)は、水分保持機能、シワを浅くする働き
  • セラミドAP(旧セラミド6U) は、高い水分保持機能、肌のターンオーバー促進、シミを軽減する働き

 

4種のヒト型セラミドは上記のような働きをしています。
特に重要なのは、セラミドEOP/NG/NPです。

 

セラミドNGは人間の肌に一番多く含まれていて、お肌に及ぼす影響が一番大きく、非常に高い水分保湿能力を持っていることが分かっています。

 

日本化粧品検定協会代表理事 小西さやかさんボタニカルシリーズ推薦

日本化粧品検定協会代表理事である小西さやかさんもボタニカルモイストシリーズをオススメしているんです。

 

余談ですが、協会の特別顧問は片山さつき参議院議員が務めていらっしゃいます。
小西さんは、東京農業大学 食品香粧学科 客員准教授でもあり、科学的根拠で、なまけても時短でキレイを叶える「なまけ美容入門」の美容本なども執筆されています。
ボタニカルモイストシリーズ,お試しセット,無添加, 敏感肌

 

■日本化粧品検定協会 代表理事 小西さやかさん コメント

 

年齢を重ねるにつれ、肌の水分量・油分量が低下する。これは自然の摂理で抗うことはできません。また、年々「大人敏感肌」の女性も増えてきているとか。だからこそ、そんな繊細で乾燥しがちな大人の肌にあわせたスキンケアを選ぶことはとっても重要。

 

ヴァントルテのボタニカルモイストシリーズは「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」など、大人の肌に嬉しい成分がぎゅっとつまっています。シリーズ使いして、肌が上向いていく感覚を肌で実感したいですね。セラミドとは皮膚のバリア機能に重要な細胞間脂質の主要成分。特にこのシリーズに配合されている「ヒト型セラミド」は肌への親和性が非常に高く、保水力が非常に高いとされています。幹細胞とは、自己複製をし、様々な細胞を生み出す「細胞の母」のような存在です。幹細胞は皮膚にも存在し、日々新しい細胞を生み出しているのですが、加齢とともに数が減り、働きも鈍ってしまいます。なので、お肌の幹細胞を活性化させるといわれている植物幹細胞が入った化粧品はエイジングケアに最適ですね。

(@pressより引用)

 

ボタニカルモイストシリーズお試しセットを5日間使ってみました

botanicalmoistseries1

 

ボタニカルモイストシリーズのお試しセット内容[約5日間分]

  • ボタニカルモイストクレンジングミルク(クレンジング)25g
  • ボタニカルモイストウォッシュ(洗顔フォーム)20g
  • ボタニカルモイストローション(保湿化粧水)20mL
  • ボタニカルモイストセラム(保湿美容液)5mL
  • ボタニカルモイストクリーム(保湿クリーム)5g

 

ボタニカルモイストクレンジングミルク(クレンジング)25g

ボタニカルウォーターが過剰に皮脂を落としすぎることを抑え、大切な肌を守りながら、メイク汚れだけでなく、毛穴の汚れも落とします。
滑らかな肌触りでお肌に余計な負担をかけずに汚れを落とします。

 

しっかりメイクをする場合は、こちらのクレンジングミルクを使い、ナチュラルメイクのクレンジングとして、ボタニカルモイストウォッシュを使います。

 

W洗顔不要となっていますが、マスカラはやはり落ちにくかったです。ナチュラルメイクならするりと落ちました。
見た目白いミルク状。洗い上がりはつっぱることはありませんでした。

 

<全成分>
サトウカエデ樹液、水、ヤシ油脂肪酸PEG−7グリセリル、プロパンジオール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、ペンチレングリコール、(カプリル酸/カプリン酸)PEG−6グリセリズ、ポリソルベート60、チシマザサ水、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、カイコまゆエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、スクワラン、ステアリン酸グリセリル(SE)、グリコシルトレハロース、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、加水分解水添デンプン、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、イソステアリン酸ソルビタン、アラントイン、カラメル、イソマルト、ラウロイルラクチレートNa、レシチン、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、乳酸、結晶セルロース、BG、フェノキシエタノール

 

ボタニカルモイストウォッシュ(洗顔フォーム)20g

京繭シルクの濃密泡で毛穴汚れをしっかり落とし、セラミドや植物幹細胞の力で肌のうるおいを守ります。洗顔後の肌がつっぱったり、カサつき感を与えないように作られています。

 

こちらは、朝洗顔する時や、ナチュラルメイクのクレンジングとして使います。

 

なんといっても泡立ちが良いです。泡立ちの良さは、カイコまゆ(シルク)エキスが入っているからなんです。

 

泡立ちをよくすることによって、きめの細かい濃密な泡がクッションとなって、顔と指が触れる必要がありません。
つまり、肌トラブルの元となるゴシゴシ洗いをしないで洗うようにと考えられてるんですね。
摩擦によってお肌が乾燥するといった事よくありますもんね〜。

 

手でも泡立つけれど、ネットを使った方が簡単に泡立つだろうなと思いました。
肌の潤いを守りつつ、毛穴汚れは落ちている感がありました。

 

洗い上がりは、ややしっとりめ。
肌にのせた時の、滑らかさ、「もこふわっ」とした柔らかさがとっても心地よかったです。

 

<全成分>
サトウカエデ樹液、水、ステアリン酸、ミリスチン酸、グリセリン、水酸化K、ラウリン酸、ジグリセリン、ソルビトール、ジステアリン酸グリコール、コカミドDEA、トレハロース、ココイルグリシンK、チシマザサ水、カイコまゆエキス、コメデンプン、コメ発酵液、酒粕エキス、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、トリイソステアリン酸PEG−20グリセリル、プロパンジオール、セルロースガム、イソマルト、フィトスフィンゴシン、カプロオイルフィトスフィンゴシン、アラントイン、グリチルリチン酸2K、ラウロイルラクチレートNa、レシチン、キサンタンガム、コレステロール、カルボマー、乳酸、ペンテト酸5Na、BG、フェノキシエタノール

 

ボタニカルモイストローション(保湿化粧水)20mL

洗顔後の肌に潤いをたっぷりと補給しつつ、肌細胞に活力を与えて内側からハリツヤ肌になるように作られているのだそう。

 

容器が少し柔らかいので、化粧水を手に取る時、出しやすいです。
少しとろみのあるテクスチャー。
すごくしっとりして保湿されてる感があります。

 

<全成分>
サトウカエデ樹液、水、グリセリン、BG、チシマザサ水、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、カイコまゆエキス、ヒアルロン酸Na、水溶性プロテオグリカン、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、クダモノトケイソウ果実エキス、ダイズ種子エキス、クズ根エキス、グリコシルトレハロース、ベタイン、加水分解水添デンプン、ポリクオタニウム−51、アラントイン、アミノカプロン酸、グリチルリチン酸2K、イソマルト、ラウロイルラクチレートNa、レシチン、キサンタンガム、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、乳酸、フェノキシエタノール

 

ボタニカルモイストセラム(保湿美容液)5mL

アルペン・アルガン・リンゴの植物幹細胞を高濃度配合した保湿美容液。
肌に活力を与え、ハリと弾力をもたらし、幹細胞エキスが若々しい肌をサポートします。

 

また、セラミドやボタニカルウォーターの保湿力により水分・油分のバランスのとれたうるおい層で肌を乾燥から守ります。

 

確かにすごくもっちり感がありました。浸透が良いのでハリとか期待できそう。

 

<全成分>
サトウカエデ樹液、BG、グリセリン、ベタイン、チシマザサ水、水、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、ブドウ果実細胞エキス、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、ヒアルロン酸Na、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、ヒドロキシエチルセルロース、カイコまゆエキス、アラントイン、グリチルリチン酸2K、イソマルト、アミノカプロン酸、キサンタンガム、レシチン、ラウロイルラクチレートNa、乳酸、カミツレ花エキス、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、フェノキシエタノール

 

ボタニカルモイストクリーム(保湿クリーム)5g

 

ボタニカルウォーター・植物幹細胞・セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸など、保湿成分を高濃度に配合した濃密保湿クリームです。

 

ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど豊富な美容成分を閉じこめ、上質な肌に仕上げる極上クリームなんです。
ボタニカルウォーターが肌本来のバリア機能を高め、ハリをアップするように作られています。

 

このクリームだけはほのかな甘い香りがしました。
クリームというほどこっくりとした固いクリームではなく、半透明の柔らかいジェルクリームのようなテクスチャーでした。
ですが、これを使うと見た目とは裏腹に、頬に手の平が吸いつく位のもっちり感がありました。
濃厚な保湿感を体験できました。

 

botanicalmoistseries-cream

 

<全成分>
サトウカエデ樹液、グリセリン、BG、プロパンジオール、ペンチレングリコール、スクワラン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、チシマザサ水、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、リンゴ果実培養細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、セラミドNG、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、カイコまゆエキス、カプロオイルフィトスフィンゴシン、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、ステアリン酸グリセリル、水、加水分解水添デンプン、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル−10、アラントイン、グリチルリチン酸2K、ステアロイル乳酸Na、トコフェロール、イソステアリン酸フィトステリル、フィトスフィンゴシン、イソマルト、ラウロイルラクチレートNa、アセチルヒアルロン酸Na、コレステロール、キサンタンガム、カルボマー、レシチン、乳酸、フェノキシエタノール、1,2−ヘキサンジオール、カプリリルグリコール

 

ボタニカルモイストシリーズのお試しセットを使った感想

 

クリーム以外は特に、香りを感じませんでした。
全体的にモイストといっているだけに、ハリやしわを考えて作られてるからか保湿力が高いなと思いました。

 

3月の今、このスキンケアを使って、翌日朝になっても、お肌が乾燥してないし安心でした。
5日間のお試しセットですが、クレンジングと洗顔料だけは余りました。

 

シミやしわには、5日間のトライアルセットで、確実な効果を感じることはなかったけれど、保湿力があって使い心地が良いのは確かですね。
9つの無添加処方、ドクターズコスメなので安心感があります。

 

「ヒト型セラミド」と肌細胞を活性化させる「植物幹細胞」を使って、贅沢なエイジングケアができるのがボタニカルモイストシリーズ。
エイジングケアだけじゃなく、オトナ敏感肌やゆらぎ肌の方にも良い、植物の力で肌本来の力を再活性化させようというスキンケアです。

 

ボタニカルモイストシリーズ5日間お試しセット情報

  • 通常2,400円のところWEB限定500円OFFの特別価格1,900円(税別)
  • 先着1,500個限定
  • メール便なら送料無料、未開封なら8日間返品可能です。

 

通常サイズだとお値段も高めなのでなかなか手を出せないですが、トライアルセットならお手頃価格なのでコストパフォーマンスが高いです。

 

公式サイトからだと、プレゼントや全商品送料無料などキャンペーンをしている時もあるのでお得感があります。

 

このお試しセットで、もしかしたら、お気に入りの一品が見つかるかもしれません。

 

ボタニカルモイストシリーズのお試しはこちら