トップへ戻る

ミココ(micoco)飲む乳酸菌はチアシード配合!体の内側からキレイを目指す

micocoindex

 

ミココ(micoco)の飲む乳酸菌は、生きて届く乳酸菌、チアシード、ココナッツミルクのスーパーフード入り。
乳酸菌と食物繊維のチカラで腸活するパウダー状ドリンクです。
飲む点滴ともいわれる甘酒の原料である米麹、植物発酵エキスも入って、これでもかというほどにスッキリにアプローチします。

 

実際に飲んでみて、スッキリに手ごたえを感じたので紹介してみたいと思います。

  • 忙しくて生活が不規則
  • もしかして数日溜まって出ていないかも
  • お肌の吹き出物気になる・・・

こういったところに思い当たるなら、腸内環境のバランスがとれていないかもしれません。

 

ミココ(micoco)飲む乳酸菌ってどんなことをしてくれるの?

ミココ(micoco)飲む乳酸菌は、乳酸菌と米麹、スーパーフード、植物発酵エキスの働きでスッキリにアプローチ、体の内側からの健康維持をサポートしてくれる粉末状の乳酸菌ドリンクです

 

ラクリス菌とラブレ菌の乳酸菌が生きて届く

有胞子乳酸菌「ラクリス菌」は、熱や酸に強いので、生きたまま届いて、スッキリをサポートします。

 

植物性乳酸菌「ラブレ菌」は、乳酸菌の中でも生存率がトップクラス。腸内にいる善玉菌「ビフィズス菌」を増殖させ、活性化させます。
その結果、、アンモニアなどの毒素を発生させる悪玉菌の増殖を予防します。
なので、乳酸菌(善玉菌)を摂ることでニオイケアまでしてくれるということなんですね。

 

善玉菌を増やす他の方法は、乳酸菌の栄養源である食物繊維を一緒に摂ると良いということ。
つまり、乳酸菌食物繊維が一緒になると、便秘もおののくといったところでしょうか。

 

このミココ(micoco)には食物繊維がたっぷりなチアシード配合。
だから、さらにスッキリに良いっていう事なんですね。

 

チアシードは栄養の3割が食物繊維。水を含んだ状態に換算すると、栄養の6割は食物繊維になるという報告もあります。
だから、スッキリを求めていたり、体のラインを気にするなら、チアシードが水分を含んでから飲んだ方が良いんです。満腹感もありますからね。

 

米麹

米麹は、味噌、しょうゆ、みりん、甘酒等を作るときに使われる原料です。
最近、「飲む点滴」として健康と美容に良いとして注目されている甘酒は、「米麹」から作られた甘酒です。

 

麹に含まれる酵素が消化を助けてくれます。
麹の酵素によって作られる、食物繊維やオリゴ糖は善玉菌の大好物。善玉菌が増えて腸内環境を整えてくれます。
また、コウジ酸が、メラニンにアプローチして、お肌のくすみに働きかけます。

 

チアシード・ココナッツミルクのスーパーフード配合

チアシードは、食物繊維が豊富で、よくダイエット目的のスムージーなどに入っています。水溶性食物繊維のグルコマンナンの働きで、水を含むとドロッとしたゲル状に膨らみ、満腹感が得られます。

 

αリノレン酸というオメガ3脂肪酸を含んでいるので抗酸化力もあり、健康と美容を気にする女性にも注目されています。

 

ココナッツミルクもスーパーフードのひとつ。
熟したココナッツの内側の白い固形胚乳をすりおろして水を加えて、濾して絞ったものがココナッツミルクです。

 

中鎖脂肪酸が多く、脂肪を燃焼させ、脂肪をたまりにくくしたり、疲れた時、リカバリーの働きをしてくれます。
また、抗酸化作用のあるビタミンEが含まれていたり、食物繊維が悪玉菌と戦ってくれたりします。

 

82種類の植物発酵エキスが配合されている

やまいも、りんご、オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、大豆、ゴマ、カシューナッツ等82種類の野菜と果物の発酵エキスが入って、酵素の働きを助けてくれるんです。

 

実際にミココの乳酸菌を飲んでみました

micoco

 

見た目は、かわいらしいパッケージ。
中身は150gなのでちょうど片手に収まるくらいの大きさの缶。
実は、この缶、使い終わったら貯金箱になるようにフタに穴が後で開けられるようになっています。エコですね。

 

micococan

 

缶を開けると茶葉のように乳酸菌パウダーが密閉袋の中に入っていました。
スプーンは、残念ながらついていません。ついてたら嬉しかったかな。
そして、この袋を開けると、黒いツブツブチアシードが見えます。

 

micococan

 

そして、ライチの甘酸っぱい香り。意外にも、ココナッツミルクの香りはあんまりしないです。色々な香りが確かに混ざってはいる感じはします。
ライチって楊貴妃も愛したといわれているんですよ♪。

 

ミココ(micoco)飲む乳酸菌の味はどうだった?

まず、水割りでシェイカーに入れてみました。

 

基本的な割り方は水、豆乳、牛乳100cをシェイカーに入れてから、ミココ(micoco)飲む乳酸菌を10cc(大さじ1杯)入れて縦シェイクします。
パウダー+牛乳の順番よりも溶けやすいです。

 

そのまますぐ飲むと、スッキリ甘酸っぱくて美味しいライチ味。ツブツブしたチアシードをしっかり感じることができます。

 

見た目サラサラしてます。もっとスムージーみたいにドロドロしているのかと思ってました!。
だから、乳酸菌スムージーじゃなくてウォーターみたいな感じ。夏は氷入れたらスッキリして美味しいです。
夏は炭酸水でも美味しいです。

 

micocodrink

 

牛乳割りでも多少甘めで美味しい。

ライチ味だから、変に甘ったるくならないところがいいです。
牛乳嫌いな子供だったら、この味は飲めると思うなぁ。

 

おすすめは、牛乳割り。
牛乳で割って、30分以上経ってから飲むと、飲むヨーグルトのようにドロッとして飲めます。
面倒なら、前日の夜に準備して、翌日朝に飲んでも大丈夫です。

 

無調整豆乳割りだと、牛乳割りより甘め控えめで飲むことができます。

オレンジジュース、ヨーグルトにかけてもいいし、レパートリーは沢山あります。

 

実際に飲んでみてどうだった?

まず、味はライチ味で甘酸っぱくて飲みやすく、かつ、美味しかったです。
スッキリ味を好む方でもこれは飲めますね。乳酸菌っていうと、ヨーグルトで甘いイメージありますもんね。

 

私は、よく夜、小腹が空いた時に飲んでいます。チアシードが歯にくっつくので、最後にお茶を飲んでいますが、お菓子を食べるよりヘルシーです。小腹が空いた時にもイイですよ。

 

牛乳割りだと、チアシードも入っているのでかなり満腹感がありました。チアシードのプチプチ感、ちゃんと存在感あります。
どちらかというと、ココナッツミルクの方が、思ったより存在感を感じなかったです。

 

飲んで5時間後、見事にスッキリしました。途中お腹ゴロゴロといったことはありませんでした。確かにお通じは良くなっていると感じることが出来ました。定期的にスッキリできる安心感がありますね。

 

ミココ(micoco)飲む乳酸菌情報

・内容量: 150g(1日10g×15日分)
<原材料表示>
難消化性食物繊維、果糖、粉乳、チア種子、ココナッツミルクパウダー、米麹粉末、ライチ果汁末(デキストリン、ライチ果汁) 、有胞子乳酸菌、植物醗酵エキス末、酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、ブドウ糖、増粘多糖類、クエン酸、香料、甘味料(ステビア)、ヒアルロン酸、V.C、V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12、(原材料の一部にやまいも、りんご、オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、大豆、ゴマ、カシューナッツ、乳を含む)

 

ミココ(micoco)飲む乳酸菌の飲み方

食前食後どっちに飲んだ方がイイの?

よくヨーグルトは、朝寝起きに食べると、胃酸によって、菌が腸に届かないっていいますよね?
なので、食後胃酸が薄まっている食後がおすすめです。

 

チアシードの飲み方は?

チアシードは噛んで食べる事で、殻が破れ、中の栄養を効率的に吸収することができます。消化も良くなるので、噛んで食べた方がいいです。
歯に多少くっつくので、歯磨きをしてくださいね。
チアシードをドロッとした状態で飲むことで満腹感や満足感もより得られやすくなります。

 

シェイカーって必要?

作った後、ちょっと放置しておくと、チアシードが少し下にたまっています。その時に、シェイカーがあったら便利だと思います。
また、シェイカーに目盛りがついている、フタがついているからラップしなくて良い、シェイクしやすいといったメリットもありますね。

 

だけど、なくても大丈夫。グラスの下にチアシードがたまったらかき混ぜれば良いし、作った後に少し時間を置いて飲むならラップすればよいので。

 

ミココ(micoco)飲む乳酸菌は老舗製薬会社が手掛けている

ミココ(micoco)飲む乳酸菌は、1888年創業の老舗製薬会社ミナト製薬が手掛けた乳酸菌飲料。
ミナト製薬は、医薬品や健康食品を主に製造販売しています。

 

GMP工場でミココ(micoco)飲む乳酸菌が作られています。

 

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で適正製造規範といわれています。
つまり、原材料の受け入れから最終製品の出荷に至るまで全工程で、設備や作業の安全性と品質が厳しく審査されて認可が下りるとGMP工場の認定を受けることができるんです。だから安心感が違いますね。

 

製造会社と販売会社が同じだと信頼感・安心感があります。

 

さいごに

micoco

ミココ(micoco)飲む乳酸菌を飲んでみてライチ味で美味しく続けられました。
乳酸菌と食物繊維に特化して、スッキリにアプローチ、さらにはお肌の調子も良くしていこうという乳酸菌ドリンクです。

 

ラクリス菌とラブレ菌の乳酸菌、米麹、チアシード、ココナッツミルクの食物繊維。 これでもかっていうほど「キテル〜」っていう感じがありました。

 

スーパーフード・チアシードのプチプチ感、ココナッツミルクのまろやかさもアクセントになっていて、美味しさの理由の1つになってます。
牛乳で割って飲むと、牛乳と更にチアシードで、たった100mlでも結構、満腹感がありました。だから、すっきりしたシルエットを目指している方にも使えると思います。

 

ミココ(micoco)飲む乳酸菌がおすすめな方
  • なかなかスッキリ感がない
  • 腸活したいけど続かない
  • お腹周りが気になる
  • お肌のくすみをどうにかしたい

 

ミココ(micoco)飲む乳酸菌の商品情報

内容量: 300g(150g×2袋)
賞味期限: 製造後1年

  • 単品購入: 5,200円(税込)
  • 送料無料
  • 初回シェイカー付き
  • 定期購入: 2,600円(税込)通常価格の50%オフ
  • 送料無料
  • 初回シェイカー付き
  • 2回目からは20%オフの税込4,160円
  • 解約・休止・変更は回数縛りなくいつでも可能

 

■決済方法

  • クレジット決済
  • 代引(手数料無料)
  • コンビニ・銀行・郵便局後払い可能(手数料無料)

 

腸内環境は、ストレスや食生活の影響を受けやすく、善玉菌の数も加齢とともに減少していきます。また、善玉菌は、胃酸によって腸内に定着することも難しいんです。だから、善玉菌を日頃から摂るという事が大事なんですよ。女性は特に、体の内側からケアしてあげないとお肌のブツブツが気になってきてしまいます。

 

毎日ヨーグルト食べるのも難しいし、今の食生活でもなかなか上手くいかない。
そんな時に、ミココ(micoco)飲む乳酸菌は役に立ちますよ。しかも、美味しい。

 

ミココ飲む乳酸菌は、楽天、Amazonといったネット通販では取り扱っていません。
公式サイトのみとなります。口コミなど興味があればコチラから♪
>>>【micoco 飲む乳酸菌】